MENU

突発性難聴の初期症状

突発性難聴の特徴というのは急に片耳が聞こえづらくなるという病気ですが、初期症状にはどういったものがあるのかをご存知でしょうか。

 

実は初期症状は以外と多くあるのですが、まずは水中にいるような耳が詰まった感覚になるというのが一つの症状です。片耳だけ蓋をされたような詰まった感覚がするという症状があり今まで聞こえてた分ストレスになるでしょう。

 

次に片耳だけ音が変に聞こえるというのも突発性難聴の初期症状の一つです。耳の中で反響したり、時々ザーッという音がなったり、それ以外にもなんらかの異常を片耳だけ覚える場合は突発性難聴の前兆である可能性があります。ただ、聞こえなくなるだけではないので放置しがちですが、突発性難聴であれば、そこからどんどん聞こえづらくなってきます。

 

突発性難聴の初期段階というのは、はっきりとした耳鳴りやめまいというのは起こらないとは言いますが、軽くくらくらするという感覚が生じることがあるとされています。どちらにしても普段とは違うという症状らしく、個人差があります。

 

こういう症状が急に起こるようになったら突発性難聴を疑ってもいいでしょう。また、これらの症状が両方の耳に起こるのではなく、片方の耳だけに引き起こされるというのも特徴の一つになります。

 

もしこういった小さなことでも違和感があれば突発性難聴を疑うことが大切です。早期に治療をすれば完治が出来ますが、長引けば長引くほど、治療が困難になっていきます。