MENU

突発性難聴 サプリ

耳鳴りや雑音、聞こえづらいに加えて吐き気やめまいなどの症状が表れたら、突発性難聴の可能性があります。その名のとおり急に音が聞こえにくくなるのですが、年齢や性別に関係なく健康な方でも急に襲ってくる怖い病気です。イヤホンでいつでも音楽を聴ける環境である、ウイルスやストレスなどが原因ともいわれていますが、はっきりしたことはまだわかっていません。

 

治療法もこれといったものがないとされていますが、症状に合わせて生活スタイルを変えたり、サプリメントや漢方を上手に活用して症状を和らげる方法も効果的です。突発性難聴は早期発見で初期段階で治療することが一番効果が高いとされています。耳つまりや聞こえづらいなどはホルモンバランスの乱れが原因でもありますので、ホルモンを整える酵素や蜂の子、ローヤルゼリー、イソフラボンなどのサプリメントをおすすめします。

 

 

花菜の厳選蜂の子の特徴

耳元でキーン、ザーッと四六時中聞こえていると生活に支障をきたすし気分も滅入ってしまいますよね。歳のせいだとかいつか治ると諦めないでください。花菜の厳選蜂の子は雑音のないスッキリした生活を取り戻せる栄養満点のサプリです。昔から身体にいいと食されていた蜂の子にはアミノ酸やミネラル、ビタミンなどが豊富に含まれています。そこにリラックス成分のクアンソウ、抗酸化作用のイチョウ葉エキス、代謝アップのナギイカダエキスなども一緒にぎゅっと凝縮。1日3粒に750rと高配合なのでまだまだ元気に過ごしたいはぜひ摂取して頂きたいです。

価格 3,880円
評価 評価5
備考 蜂の子・クアンソウ・イチョウ葉エキス

 

 

山田養蜂場 蜂の子の特徴

蜂の子は数千年前から健康食材として日本でも食されてきています。山田養蜂場 蜂の子はその中でも自然豊かな環境に優れた養蜂場で、一番栄養価の高い20日目の雄蜂の子だけを使用しています。その栄養価を損ねないよう、酵素分解技術で良質なタンパク質を摂取。さらにビタミンB2、ビタミンB12や不足しがちなアミノ酸(ギャバ)も配合することで蜂の子の効果をより一層高めます。1日めやす4粒に720rと高い含有量でありながら、特有の臭いや味もソフトカプセルにすることで気にならず飲みやすくなっています。

価格 4,572円
評価 評価4
備考 雄の蜂の子・ビタミンB2・ビタミンB12・アミノ酸

 

 

ハチの子800の特徴

なんだか会話がしづらい、静かな時の雑音が気になるなどは生活する中でとても不快で億劫ですよね。
ハチの子800は名前の通り蜂の子を800rも配合されています。しかも2%しかいないアミノ酸のピークになる21日目の雄の蜂の子を丸ごと使用することで質のいいアミノ酸が摂取出来ます。さらに酵素分解することで体内に効率よく吸収され効果が素早く表れます。生命力の強いイチョウの葉、リラックス効果のギャバも配合することですっきりした生活がよみがえります。

価格 1,833円
評価 評価3
備考 雄の蜂の子・イチョウの葉

 

突発性難聴はどんな病気?

 

突発性難聴というのは、その名前の通り、急に耳が聞こえにくくなる耳の病気の一つです。急に聴力が低下してしまって、音楽などはもちろんのこと、会話なども聞き取りづらくなってしまい、日常生活においても非常に悪影響を及ぼしてしまいます。特徴としては耳の病気を患ったことがない方や、健康な方でも急に引き起こしてしまうというものがあります。

 

少し前までは50代や60代の女性に多い疾患とされてきましたが、今では10代〜20代の男女問わず発症する方もいるなど、誰でも引き起こされる可能性のある病気になっています。

 

ちなみに、どうして急に若い世代の突発性難聴が増加したのかというと、はっきりとした理由はわかっていませんが、背景としてはスマートフォンなどの普及によって簡単に音楽が聞けるようになったことでヘッドフォンやイヤホンなどでつける機会が増えたからだといわれています。突発性難聴の患者数というのはどんどん増加してきており10年足らずで1.5倍まで増えています。

 

もちろんこの数は現在でもどんどん増えてきており、もちろんこの突発性難聴というのは増えてきているのにも関わらず、原因はまだ解明されていないです。

 

症状に関してですが、急に耳が聞こえなくなるということはもちろん、それ以外にも耳鳴り、吐き気、嘔吐、めまいなどがあります。突発性難聴に関しては早期発見、早期治療をすることで完治をすることがありますが、原因が解明されていないので、発見が遅れれば治療が難しいこともあります。

 

ちなみに一度完治すれば再度発症しないということもわかっていますので、とにかく症状があるなと感じたらすぐに治療を始めるようにしましょう。

 

突発性難聴の原因は?

 

まず突発性難聴については耳の疾患の中でも、近年どんどん患者数が伸びてきています。名前でなんとなく理解できると思いますが、特徴として突発性ということがありますので、いつこの疾患に襲われるかわかりません。

 

かつては中高年の女性に多いといわれていた突発性難聴ですが、今では10代でも20代でも男性でも女性でも発症することがあり、どの世代性別でも平均して発症するようになってきています。

 

つまり、突発性難聴というのは誰しもがいつ引き起こされるかわからない病気だということを覚えておきましょう。だからこそ、いつ突発性難聴を発症してしまっても落ち着いて対応できるように、知っておくべきことを理解しておくようにしましょう。

 

そもそも突発性難聴というのは何が原因なのか、もし発症してしまったらどういった治療法があるのかなど情報を知っておくことによって、対応の仕方も変わってきます。どのような病気でもしっかりと対応することによって完治をする可能性は高まりますし、もちろん突発性難聴も同じです。

 

さらに、似たような症状の病気もある可能性がありますので、そういった病気と間違わないように知っておくということも大事になります。

 

具体的に何を知っておけばいいのかというと、突発性難聴がどういう病気なのか、なぜ発症するのか、初期症状はどういったものか、突発性難聴の診断基準について、治療法について、治療期間について、発症した場合の後遺症について、症状が似ている病気はどういったものがあるのかなどを把握しておきましょう。

 

突発性難聴の症状は?

 

まず、普段生活をしていて方耳だけ急に聞こえにくくなったということや、水の中にいるような感じに耳が詰まって聞こえづらい、耳鳴りや眩暈の頻度が多くなってきた、音楽を聴いていて左右で音程がずれているような気がするといった経験はありませんでしょうか。

 

突発性難聴というのは、ある日急に聴力が下がってしまい、音はもちろん言葉など聞こえづらくなる耳の病気です。基本的に前兆がありますが、軽い耳鳴りやめまいのような日常であるようなことで前兆を認識できないことが多いです。

 

この突発性難聴の主な症状としては耳が遠くなったり聞こえなくなったりということはもちろんですが、強い耳鳴りや眩暈などもあり、症状が続けば精神疲労、吐き気など日常生活に支障が出るようなことに悩んでしまうこともあります。つまり症状というのはただ耳が聞こえなくなるだけではないということを覚えておきましょう。

 

この突発性難聴に関して治療法に関して現状では確率されていません。そもそも原因はウィルスや内耳循環障害が主流であり、それ以外はストレスが要因とされています。かといってはっきりとした原因は特定されていない上、不規則な生活習慣によって免疫力を低下させて症状を引き起こすというケースもあります。ちなみに、突発性難聴を完治させる方法というのは今はありませんので、もし発症して病院にいっても症状が改善されないこともあります。

 

ただ、突発性難聴の初期段階でしたら症状緩和や完治の可能性も期待することができますので、違和感があればすぐに耳鼻科へ行くようにしましょう。

 

突発性難聴を改善するには?

 

突発性難聴というのは現状では治療法がないとされていますが、ただ悩んでいる方は治療法が見つかるまで症状はこのままなのかと不安になると思います。確かに治療法はありませんが、症状の特性に合わせて成分配合などをされたサプリメントや漢方薬などを摂取することによって症状を改善したり緩和したりすることは可能です。

 

100%効果があるかどうかは別ですが、少なくとも症状緩和に期待をすることは可能ですし、初期段階であれば非常に高い効果を得られる可能性が高いです。

 

色々な初期症状がありますが、20代〜30代の多くはめまいの症状に悩まされています。実はこのめまいというのが突発性難聴の非常にやっかいな症状とされています。症状としては立ちくらみ、急に目の前が真っ暗になる、そして酷いと意識を失うということもあります。

 

さらに、耳から来るめまいというのは脳に届く血液量も不安定になってしまい、それによって平衡感覚が失われるといわれています。この眩暈を緩和するにはどうすればいいのかというと酵素を摂取することがオススメです。酵素を摂取することで血液を正常な状態に戻して脳の血流を循環させますので酸素や栄養も循環します。

 

それによってホルモンバランスも整いますのでめまいはもちろんのこと、耳鳴り、そして生理痛などにも効果があります。ですので、こういった症状の緩和方法も理解した上で、サプリメントや漢方薬もいいとされていますので、それらも試してみて改善させるようにしましょう。

 

突発性難聴に効くサプリ成分は?

 

突発性難聴を改善したいのであれば、とにかく重要になってくるのが早期治療になります。発症してどのくらい早く治療を始められるかによって完治できるかできないかが変わってきます。

 

この理由は、もし治療するのが遅れて、慢性化した症状になると聴力が回復しにくくなってしまうからです。ですので、とにかく早めに治療を受けるのが大前提となりますが、ただ気付かなかったりして治療が遅れてしまったら諦めなければいけないのかというとそうではありません。治療が遅れて治らなかったりしても症状を緩和してくれるサプリメントを使用すれば多少は改善されます。

 

そもそも、医師がサプリメントを勧めることもありますので、それなりの効果を期待することが出来ますが、突発性難聴に有効なサプリメントはどういった成分を含んでいるのか理解しておきましょう。

 

まず、効果のあるといわれているサプリメントは、酵素、蜂の子、ローヤルゼリー、大豆イソフラボンといわれています。

 

酵素はタンパク質の一種であり消化・分解・吸収・代謝・排泄といった働きに関係しており、人が生きるためには欠かせない成分になります。この酵素は体内で生成できないので摂取しなければいけません。

 

蜂の子のサプリメントにはミネラル・ビタミン・必須アミノ酸、鉄、カルシウムが豊富に含有されており、効果としては耳鳴り、精神安定、疲労回復、肝機能強化の働きがあります。

 

ローヤルゼリーですが、蜂の子よりも少し成分濃度は下がりますが同じような効果を期待できます。最後に大豆イソフラボンですが、これは高い抗酸化作用や血流改善などの働きがあります。これによってめまいが改善したり聴力が改善したという方もいる程です。

 

突発性難聴に効く漢方は?

 

まず、漢方について簡単に説明しますが、漢方というのは身体全体の機能を調整するために利用することが多いです。東洋医学では漢方薬によって身体のバランスや調子がよくなることで治癒力も高まって多くの症状が改善されると考えられています。

 

突発性難聴の症状に関しても漢方薬を摂取することによって落ち着くとされており、その中でも耳鳴りの症状を落ち着かせたいのであれば漢方薬は非常に効果があります。ですが、漢方も非常に種類が豊富ですので、どの漢方薬の成分が効果が高いのかについて説明します。

 

では突発性難聴に有効な漢方薬ですが、主に使用されているのが半夏(ハンゲ)、白朮(ビャクジュツ)、天麻(テンマ)、茯苓(ブクリョウ)、蒼朮(ソウジュツ)、陳皮(チンピ)となります。

 

半夏は胃が弱い方に処方される漢方薬ですので吐き気や嘔吐の症状に効果があります。白朮は正気を補うとされている中薬であり食欲抑制の効果がありダイエットにも効果的です。天麻ですが、頭痛や眩暈に効果があるので、めまいの症状があるという方は是非摂取しましょう。

 

茯苓は利尿作用が高く、毒素を体外に排出する働きがあります。さらに体力を高める作用が期待できるので薬の巡りも向上するでしょう。蒼朮という漢方は胃腸の調整、さらに利尿作用も促進する漢方薬であり解熱効果もあるので熱が出たりした際には摂取してみてはいかがでしょうか。

 

そして最後が陳皮となりますが、これはミカンの皮などに含有されている成分になります。栽培しやすいですし保存もしやすい上に胃もたれ、食欲増進、消化促進、のどの痛み、咳などの効果もあります。とにかく漢方を組み合わせて自分の症状を改善できる漢方薬を摂取するようにしましょう。

更新履歴